ARTISTS

奈良原 一高

「消滅した時間」1973年 ゼラチン・シルバー・プリント

1931年福岡県生まれ。判事であった父親の転勤に伴い、国内各地で青春期を過ごす。1946年に写真の撮影を始め、芸術や文学などにも関心を寄せる。1954年に中央大学法学部を卒業後、早稲田大学大学院芸術(美術史)専攻修士課程に入学。1955年には池田満寿夫、靉嘔ら新鋭画家のグループ「実在者」に参加。池田龍雄や河原温といった芸術家や瀧口修造らとも交流を深める。同時に、東松照明、細江英公らとも知り合い、1959年には彼らとともにセルフ・エージェンシー「VIVO」を設立(1961年解散)。その後も、パリ(1962-65年)、ニューヨーク(1970-74年)と拠点を移しながら世界各地を取材。多数の展覧会を開催する傍ら写真集も数多く出版し、国際的にも高い評価を受ける。主な個展に「人間の土地」松屋ギャラリー(東京、1956年)、 「Ikko Narahara」ヨーロッパ写真美術館(パリ、2002-2003年)、「時空の鏡:シンクロニシティ」東京都写真美術館(2004年)など。主な受賞に日本写真批評家協会新人賞(1958年)、芸術選奨文部科学大臣賞(1968年)、毎日芸術賞(1968年)、日本写真協会年度賞(1986年)、紫綬褒章(1996年)など。

CV download