ARTISTS

高梨 豊

高梨豊 「都市へ」 1968年 ゼラチン・シルバー・プリント © Yutaka Takanashi

1935年東京都生まれ。1950年代末より写真家としての活動を始めて以来、広告写真の第一線で活躍する一方で、一貫して「都市」という主題に視点を向けながら、様々な方法論を駆使して多くのシリーズを発表。64年に第8回日本写真批評家協会新人賞、67年に第5回パリ国際青年ビエンナーレ写真部門最高賞を受賞。68年、中平卓馬、多木浩二、岡田隆彦とともに写真同人誌『PROVOKE』を創刊(70年活動休止)。85年と93年に、日本写真協会賞年度賞、91年には、第3回写真の会賞を受賞。93年、赤瀬川原平、秋山祐徳太子と「ライカ同盟」を結成。代表作に『都市へ』(1974年)、『町』(1977年)、『東京人1978-1983』(1983年)、『初國』(1993年)、『地名論』(2000年)、『NOSTALGHIA ノスタルジア』(2004年)、『囲市』(2007年)など。2009年、個展「高梨豊 光のフィールドノート」(東京国立近代美術館)を開催。2012年、写真集『IN’』(2011年)で第31回土門拳賞受賞。同年、個展「Yutaka Takanashi」(アンリ・カルティエ=ブレッソン財団、パリ)を開催。

CV download