ARTISTS

ケリス・ウィン・エヴァンス

"Forms in Space ... by Light (in Time)", 2017, white neon, North Duveen: 1000 x 1100 x 3100 cm, Octagon (Occulist Witness): 350 x 320 x 300 cm, South Duveen (single circle): 75 x 75 x 3 cm, Photo: Joe Humphreys Courtesy Tate Photgraphy

ケリス・ウィン・エヴァンスは1958年ウェールズのスラネリ生まれ。現在ロンドンを拠点に活動。映像作家としてそのキャリアを始め、80年代にかけて自身が「彫刻」と呼ぶ短編実験映像作品を多く手がける。90年代以降その表現媒体はネオン、音、鏡、花火など広がりを見せるが、作品の基本に存在するのは独創的な引用で、その作品はいわば引用元と鑑賞者を結ぶ仲介役、もしくは手がかりと言える。引用元は、文学、哲学、映画、音楽、そして天文学や物理学など多岐の分野に及ぶ。作家の深い知性と哀愁、そして豊かな機知に彩られ、高度な媒介物に昇華された彼の立体作品およびインスタレーションは、黙想的な洗練に溢れている。

主な個展として、テート・ブリテン・コミッション(ロンドン、2017年)、Haus Konstruktiv(チューリッヒ、2017年)、Museion(ボルツァーノ、イタリア、2015年)、サーペンタイン・サックラー・ギャラリー(ロンドン、2014年)、Kunsthall Bergen(ベルゲン、ノルウェー、2011年)、バラガン邸(メキシコシティ、2010年)、カスティーリャ・イ・レオン現代美術館(2008年)、パリ市立近代美術館(2006年)などが挙げられる。主なグループ展として、ミュンスター彫刻プロジェクト(2017年)、ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展(2017年)、モスクワ・ビエンナーレ(2011年)、愛知トリエンナーレ(名古屋、2010年)、「万華鏡の視覚:ティッセン・ボルネミッッサ現代美術財団コレクションより」森美術館(東京、2009年)、横浜トリエンナーレ(2008年)、イスタンブール・ビエンナーレ(2005年)、ウェールズ代表として参加したヴェチア・ビエンナーレ国際美術展(2003年)などに参加している。

CV Download