ARTISTS

吉野 英理香

吉野英理香 「Untitled」 2013年 Cプリント © Erika Yoshino

1970年埼玉県本庄市生まれ。1989年から写真の制作を開始し、1994年に東京綜合写真専門学校を卒業。在学中には写真家・鈴木清らの影響を受けながら制作を続け、90年代半ば以降はいわゆるストリート・フォトグラファーとして、多数のモノクロ作品を発表する。2010年からカラー作品の制作を開始。都心から関東北部で撮影される作品は、見る者をその独特の作品世界に引き込む新たな魅力を湛えている。主なグループ展に、「Eleven & Eleven: Korea Japan Contemporary Art 2002」省谷美術館(ソウル、2002年)、「Black Out: Contemporary Japanese Photography」ローマ日本文化会館(ローマ、2002年、以後パリ、東京に巡回)、「Nonchalant」4-Fギャラリー(ロサンゼルス、2004年)など。主な個展に、「ICE Echo Wave」銀座ニコンサロン(東京、1995年)、「Enoshima Zero Meter」Works H.(神奈川、1996年)、「Max Is Making Wax」ビューイングルーム四谷 ユミコ チバ アソシエイツ(東京、2001年)、「Eleanor Rigby」横浜市民ギャラリーあざみ野(神奈川、2008年)、「Just like on the radio」Port Gallery T(大阪、2011年)、「Digitalis」タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルム(東京、2012年)、「NEROLI」タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルム(東京、2016年)など。

CV download