ARTISTS

ショーン・ランダース

"Id", 2009, oil on linen, 182.9 × 213.4 cm

1962年パーマー(マサチューセッツ)生まれのショーン・ランダースは、議論の余地なく1990年代にアメリカで現れた作家のなかで最も重要な一人と言えるだろう。キャリアの中間地点に差しかかった人々や中年の世代が抱える危機など、ランダースが扱うテーマが明らかに彼の世代特有のものであるにも関わらず、その作品は若い世代の作家にも多大な影響を与え続けている。ランダースの作品がもつ生命力は、作家自身がはっきりと自覚的に操る巧妙な技術によって和らげられた完璧な正直さと滑稽さにある。この繊細かつ不安定なバランスこそが、美術作家に限らず、どの世代の一般の人々でも共感できる部分なのである。近年は、絵画の永続性と、絵画が作家の分身となる方法にとりわけ関心をおき、多様な手法を用いて制作を行っている。これまでに、セントルイス現代美術館(セントルイス、2010年)やクンストハレ・チューリヒ(2004年)などで個展を開催。映像、彫刻、出版物やペインティングなど多岐にわたる作品が展示された。

CV download