ARTISTS

川原 直人

"The Room", 2012, oil on canvas, 41 x 53cm

1971年東京生まれ。工業デザイナーとして活動後、インスティテュート・ロレンツォ・デ・メディチにて絵画を学ぶ。デューラー、バルテュス、クラナッハ、ドガ、ムンク、ボナール、ピーテル・クラースなどの西洋美術史における古典的作品よりイメージを引用し、モデルを変えて撮影した写真を元に、場面を再想定(リ・エンビジョニング)した絵画作品を数多く制作している。古典作品の主題を現代にも通用するイメージの元型に変換させることをテーマに作品を発表している。「Biennial of Painting / Biënnale van de schilderkunst」 Museum van Deinze en de Leiestreek、(デーンズ、2014年)、「The Figure and Dr. Freud」ハウンチ・オブ・ヴェニソン(ニューヨーク、2009年)、「Diana und Aktaion: Der Verbotene Blick auf die Nacktheit」クンスト・パラスト美術館(デュッセルドルフ、2008年)、「Attention to Detail」フラッグ・アート・ファウンデーション(ニューヨーク、2008年)などのグループ展に参加。タカ・イシイギャラリー(東京、1999、2001、2003、2005、2008年、2015年)、Zeno X Gallery(アントワープ、2007、2012年)にて個展を開催。

CV download