EXHIBITIONS

荒木経惟 「写狂老人A 17.5.25で77齢 後期高齢写」

会期: 2017年5月25日(木) – 7月1日(土)
会場: タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルム

タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルムは、5月25日(木)から7月1日(土)まで、荒木経惟個展「写狂老人A 17.5.25で77齢 後期高齢写」を開催いたします。タカ・イシイギャラリーでの個展としては24度目の開催となる本展は、新作「写狂老人A 17.5.25で77齢 後期高齢写」シリーズよりカラー作品約116点、モノクローム作品約720点、合計836点ほどの作品で構成されています。

今は年寄りの時代なんだからさ、今どき、「年寄りに見られたくなく」なんて加齢に抵抗するヤツはダメなワケ。今こそ“老いていく”というその変化を、自信を持って発表していくべきなんだよ。年を取らなきゃわからないことってたくさんあるし、人間としてキャリアを積んでんだから、若いヤツより老人のほうが魅力があって当然(笑)。

荒木経惟

荒木はこれまでも自身の加齢を肯定的に作品に取り込み、その作品世界を絶えず豊かなものにしてきました。前立腺癌、網膜中心動脈閉塞症による右眼の視力の喪失など、降りかかる病と向き合い克服し続けた荒木は、「後期高齢写」と名付けられた本シリーズを通じても、自身の身体や生活に及ぶ変化を、日々写真を撮影するというエネルギーに転換する中で生き、膨大な数の新作を生み出しました。老いることで一層魅力を増す人間のように、作品に存在するエロスとタナトスがより色濃く漂う荒木の新作を是非ご覧ください。

なお、展覧会に合わせまして、写真集『写狂老人A 17.5.25で77齢 後期高齢写』を刊行いたします。
【写真集詳細】
荒木経惟『写狂老人A 17.5.25で77齢 後期高齢写
タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルム刊(2017年) 
発売予定日: 2017年5月25日(木)                          
販売価格: 未定
500部限定、ソフト・カバー
詳細はギャラリーへお問い合わせください。

【同時期に開催中の展覧会】
荒木経惟 「東京墓情 荒木経惟×ギメ東洋美術館」
本展では、昨年、東洋美術専門の美術館としてヨーロッパ最大規模を誇るフランス国立ギメ東洋美術館(パリ)にて撮り下ろしの新作として発表された「東京墓情」シリーズが日本初公開となるに加え、ギメ東洋美術館所蔵の写真コレクションより荒木自身がセレクトした幕末・明治期の写真作品をご覧いただけます。
会期: 2017年6月22日(木)- 7月23日(日)12:00-20:00 (入場無料・無休)
会場: シャネル・ネクサス・ホール(東京都中央区銀座3-5-3 シャネル銀座ビルディング4F)

荒木経惟 「写狂老人A」
喜寿を迎えさらに活発な制作を繰り広げる荒木の近作、最新作が壮大なスケールで展覧されます。
会期: 2017年7月8日(土)-9月3日(日)11:00-19:00(金・土は20:00まで)
会場: 東京オペラシティ アートギャラリー(東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー3F)

荒木経惟 「陽子のメモワール(仮称)」
荒木の作品世界において欠かすことのできない存在である妻「陽子」をテーマに、陽子自身を被写体とする作品、あるいは陽子との深い関わりをもつ作品、死後もなおその存在を深く感じられる作品によって構成される展覧会です。
会期: 2017年7月25日(火)-9月24日(日)10:00-18:00(木・金曜は20:00まで、ただし7月20日(木) -8月25日(金)の木・金は21:00まで開館)
会場: 東京都写真美術館(東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内)

Press Release Download