ARTISTS

平田 実

「輝く洗濯バサミ 中西夏之」1963/2014年、ゼラチン・シルバー・プリント、©平田実

1930年、東京に生まれる。フリー・フォトジャーナリストとして、小野洋子、赤瀬川原平、篠原有司男、ハイ・レッド・センター、ゼロ次元といった1960年代の前衛美術家たちの活動を追い、写真に収め続ける。また、ライフワークの一環として、沖縄やスカイ・スポーツ取材しており、「翔べイカロス」ニコンサロン(1975年)、「沖縄世・1968~1974」コニカプラザ(2000年)など、様々な展覧会も開催。近年では、「東京展」ニューヨーク近代美術館(2008年)を含めた、戦後日本芸術の展覧会において展示された。2011年、アルル国際写真フェスティバルに参加。TATE MODERN(ロンドン)のパブリック・コレクションに収蔵。日本写真家協会、日本写真著作権協会(JPCA)、日本美術著作権機構(APG-Japan)のメンバー。